美術館やイベント会場、足を伸ばすには距離があり、でも施設の中がどうなっているか見てみたい時ってありますよね。

Googleが提供するストリートビューというサービスがそれを適えてくれます。

ストリートビューというとインターネットを利用している方はGoogle地図で道路をパノラマで見れるサービスだけと思っている方もいるかもしれませんが、

同じように施設の中も360度パノラマで見ることが出来ます。

もちろん全ての施設が撮影されているわけではなくGoogleや一般ユーザ、企業が撮影し公開したものに限られますが、

今回ストリートビューをやっている施設を探す方法についてご紹介します。

 

 

はじめにストリートビューを探したい施設がある地域の住所でGoogle地図を検索します。

 

表示された地図エリアの右下に人型のマークがありますが、
これを”ペグマン”と呼び、これをストリートビューを見たい場所にドラッグ&ドロップする事で、
ストリートビューを表示することが出来ます。

 

ペグマンをクリックするとストリートビューが撮影された道路は青色の線が表示され。
ストリートビューを撮影している施設等は青色の〇で表示されます。

 

見学したい施設にペグマンを下ろすとストリートビューに画面が切り替わります。

 

このようにして自分が360度で見てみたい施設や道を自由に探すことが出来ます。

ストリートビューは世界中で利用されているので、

簡単には行けない海外の世界遺産や建造物も多数登録されているので、

見るだけでも楽しむ事が出来ます。

例えば、、、
有名なサグラダ・ファミリアもバーチャル体験できます!

とてもリアルに建物の雰囲気を感じれると思います。

自分が行きたいと思っている場所をこのサービスを利用してバーチャル旅行へ出かけてみましょう!

 

アジャストコミュニケーションではGoogleストリートビューの正規認定プログラムを取得しています。

自分のお店を同じようにストリートビューで紹介したい!
とお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください。